H29年度 木育活動実績一覧

  • 徳島県内の地元企業・団体、行政等からの多数依頼による木育コラボイベント実施 <連携を行った企業・団体名(イベント名)>徳島銀行(親子) ・徳島文理小学校(保護者参観授業)とくしまエコキャンプ実行委員会 ・徳島商業高等学校 ・とくしま森林づくり県民会議
  • 東京おもちゃ美術館館長、事務局長とのご縁より那賀町ウッドスタートの提案・支援を行い、弊社代表岡田の地元、那賀町がウッドスタート宣言。
  • 徳島県那賀町からの依頼を受け、那賀町木育円卓会議をコーディネート。全国初の取り組みとして、木材産業について学ぶ高校生(約50名)が主体となる円卓会議を企画した。⇒アンケート結果⇒徳島新聞掲載、四国放送で1分間にわたり放映
  • 那賀高等学校森林クリエイト科の1年生に、森林環境教育「LEAF」実施<添付①:活動レポート参照> ⇒徳島新聞に掲載
  • 森林環境教育体験ツアー「FORESTUDY(フォレスタディ)」を企画。講師に山本幹彦氏を招き、『プロジェクトWILD』の講習会も兼ねて実施した。並行して、講習会非参加者へは『LEAF』体験を企画、実施した。
  • トヨタカローラ徳島 阿南店の改装にあたり、キッズスペースの木質化、及び県が推進する「すぎの子木育ひろば」の設置提案を行った。
  • 徳島県住宅供給公社から団地の部屋リフォームの依頼を受け、木質化、及び木育スペース設置を提案。(30年度施工予定)
  • 木頭杉のSUPボード、サーフボードの体験会を子供から大人までを対象に県内外で行った。森を起点とした川や海などの美しい環境にも触れ、地域愛の醸成を意識した取組である。
  • 木製品の活用法をムービーや写真で伝えるライフスタイル提案を実施した。SNSでの拡散など木づかい推進にむけた大きな注目を集めた。
  • 昨年度に続き、徳島県より依頼を受け「第二回木育リーダー養成講座(森林環境教育)」を担当(30年度も講座実施予定)
  • 昨年度に続き、徳島文理小学校での保護者参観木育授業実施
  • ⇒朝日新聞に掲載
  • 「とくしま憩いの森」の創設を記念し、植樹活動及び交流の集いが開催されるにあたり、木育活動を実施し、木や森に関わり楽しむ提案を行った⇒朝日新聞掲載
  • 徳島県徳島県からの評価を受け、徳島県木づかい県民会議「木育推進プロジェクトチーム推進会議」一員として、徳島県の木育推進計画に提案・助言を行う等、貢献を行っている。
  • 徳島県が設置を進めている「すぎの子木育広場」として認定を受ける(29年4月、徳島県知事より認定証授受)
  • 活動に賛同する協力団体、協力者の増加⇒30代建築大工、若手木材産業者等が技術指導協力者として増員(若手メンバーが増え活躍することにより、木材産業従事者・次世代担い手の確保に向けた『職業としての社会的地位向上』を目標とする)
  • 木育活動案内・レポートを掲載しているFacebookページ支持者約600名
  • 徳島県県土整備部住宅課より「徳島県住生活基本計画策定アドバイザー委員」として委嘱され、県産材利用促進・木材産業者担い手確保・木育についての助言、提案を行った。
  • 木育普及ツールの企画・製作・28年度 巨大升型かんな削りプールを製作し、各木育イベントにて設置した
  • 27年度 県産材を使い、インパクトがあり大人も子供も楽しめる「大きな大きなコリントゲーム」木育普及ツールを製作した。
  • 建てようネットとの共催でDIYスクール「DIY虎塾」を開催。現役の家具職人(建具製作一級技能士)がノミやカンナ、ノコなどの手道具を使用しての本格的な製品作りを指導した。