Wood Action の木育

Wood Action Tokushimaの木育・木づかい活動

Wood Action Tokushimaは、平成26年度に食育をテーマとする産直市「とくしまマルシェ」における木育ひろば実施から活動を開始し、まちの生活では触れることのないかんなや丸太などを素材に、木工技術者指導によるお箸や県産材をつかったものづくり体験を提供すると同時に、森の機能や役割について説明し、『木づかいの重要性や森を大切にする意識の醸成』に取り組んできました。

食育・地産地消への意識が高い層に対する質の高い木工体験、親子参加型ワークショップ等の実施による「食育と木育を連携させた木づかい運動」を通じて木育周知に取り組んでいます。

平成28年度からは、「木育」を様々な分野の取り組み(地元企業・団体)と連携させ、これまで木や森に関心の少なかった層に対する木育を実施し、新しい木育プログラムの創出及び木・森のファン創出推進を行っています。

各連携先(企業・団体)の理念やイベントテーマに合わせた木育特別プログラムを企画することにより、連携団体自体が木育への関心を抱くとともに、各イベントだからできる特別性を参加者に提供し、「木の可能性」を感じて頂くきっかけ創りに努めています。

異業種の企業・団体との連携による’Wood Action’だからこその企画

イベント事例

<地元有名洋菓子店30周年記念イベント>

  • 30周年記念⇒30年生の丸太(年輪30)を素材としたワークショップ開催
  • 施設命名権を取得し「イルローザの森」を運営しているという企業理念を参加者や広報時に伝える
  • 丸太のお菓子であるバウムクーヘンを提供し、味覚や視覚による「木」と「お菓子」のつながりをコンセプトとする
  • 地産地消(地元の素材を使った)無添加の商品作りを行っているという理念を参加者に伝える。
  • 県内の別木育団体にも連携(遊山箱作り、徳島のスギ・ヒノキ粉で作られた木質ねんど遊び)を呼びかけ、木のねんどでケーキ作り提案